11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会貢献のありかたを中坊進二さんから学ぶ

この間中坊進二さんの話を聞きました。

中坊進二さんの話は結構広まっているそうですが、
皆さんはこの
中坊進二さんという方の話はご存知ですか?

中坊進二さんって名前だけは聞いたことあるけど
よく知らないという方や
中坊進二さんって誰?」という方のために、
少し中坊進二さんをご説明しますね。



京都市内にある服飾関係の会社に勤めてらっしゃる
中坊進二さんという方は、
大阪の知的障害者入所施設に礼服などを40着ほど
寄付されたそうです。

なんでも中坊進二さんは会社の取引先の方から、
同施設に入所されている21歳以上の知的障害者の多くが、
同施設を運営する社会福祉法人の理事長が亡くなった
告別式の際に礼服が無く、普段着で参列したという
話を聞いたそうです。

それを聞いた中坊進二さんは「社会に出た時のためにも、
冠婚葬祭の意義などを含め学んでもらえれば」と
思い立ち、中坊進二さんから礼服40着と
ワイシャツ・ネクタイなどを贈ったそうです。

この中坊進二さんからのご厚意は大変喜ばれ、
さらに中坊進二さんは京都市の市母子寡婦福祉連合会と
知的障害者更生施設に男性用の礼服66着を
寄贈されたそうです。

このような素晴らしいことをなさった中坊進二さんですが、
「地元の皆様のお役に立てて、うれしいです」と控えめに
中坊進二さんはおっしゃっていたそうです。

以上が私が聞いた中坊進二さんの話なのですが、
中坊進二さんのこと聞いたことありましたか?

中坊進二さん、素晴らしい方ですね。

私はこの中坊進二さんの話を聞いて
中坊進二さんの謙虚な姿にも感動しましたが、
中坊進二さんのような、自身の職種や職業を活かした
貢献の仕方があるのだな、と思いました。

中坊進二さんがいくら服飾関係の会社に勤めているからと言って
なかなか40着なんて礼服は他人の為に用意できません。

中坊進二さんの他人を思いやる気持ちと
中坊進二さんの気前の良さに心を打たれました。

今すぐ中坊進二と同じ行為をすることはできませんが、
この中坊進二さんの話を聞いて、
「私も中坊進二さんを見習わなければ」と思い、
行動に移すことが大事ですね。

中坊進二さんのような素晴らしい貢献はできないかもしれませんが、
中坊進二さんのことを思い出しながら、
1つ1つ積み上げていくことで中坊進二さんに近づけるかもしれません。

中坊進二さんのおかげで自分自身ができる範囲の
社会貢献というものを改めて考えてみようと思いました。

主婦の私が出来る範囲での社会貢献って何だろう?
そもそも社会貢献って何をすれば良いのだろう?
等など、したいけれど何をしたら良いのか、分からない。
という方も多いと思います。
私は、まずは何が自分に出来るのか?ということを
再認識・自己確認をすることから始め、
人として立派に生きようとしていけば
中坊進二さんのようにとはいかないまでも
何かしら社会に貢献出来る人になれるような
気がしました。
人や社会に貢献出来る方って素敵ですよね
Secret

MicroAd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。